レバレッジをコントロールするFX


 FX取引での最大の魅力は、大きく値を動かす為替相場に向かって、大胆なレバレッジを施した投資を行い、一気に巨大な利益を掴み取る爽快感になるでしょう。

レバレッジとは、取引業者に預ける証拠金を担保にして、実際に投資する金額よりも大きな取引きを可能にする仕組みで、取引業者によってその大きさはさまざまなのですが、国内のFX取引業者では25倍まで、海外の取引業者では数千倍ものレバレッジを用意している所もあります。

もともと、為替相場の値動きは非常に小さいために、これで利益を上げるためにはたくさんの通貨を売買せねばならず、その資金を調達するためにはレバレッジは無くてはならない仕組みとなっているのです。

レバレッジを使うことでFXでは、小さな資金でも大きな利益を上げることができます。
例えば1ドル100円という為替レートがあり、1万ドルを買って取引きを始めようとした場合、レバレッジが無ければこの取引を成立させるためには100万円もの資金を用意しなくてはなりませんが、レバレッジを25倍で使用すれば、わずかに4万円で、同じ取引きを行うことができるのです。

また、元手が4万円であるのなら、1ドル100円の為替レートで4万円分のドル、400ドルを買って取引きをし、為替レートが1ドル101円になった場合の利益は、わずかに400円ですが、これをレバレッジを25倍で取引きを行えば、同じ4万円の投資で1万円の利益を出すことができるのです。

このように、レバレッジを使うことでFXでの利益は大幅に上がりますので、特に値動きが小さくなりがちな短期間の取引きにおいては、欠かすことのない仕組みと言えるでしょう。

しかしながら、レバレッジにもデメリットが存在し、それは時には投資家にとって致命的なダメージを与える物にもなるので、取り扱いには十分に注意をする必要があります。

レバレッジの仕組みは、利益を大きくするために投資資金を倍化させて取引きが行えるようにするものになっています。
ですので、大きくなるのは決して利益ばかりではなく、為替レートが損失方向に動いた場合には、その損失をも同じように大きくしてしまいます。

例えば先ほどのケースで言えば、1ドルが100円から101円ではなく、99円に変わっていたとしたら、レバレッジ無しではわずか400円の損失で済みますが、25倍のレバレッジを使っていた場合には、1円のレートの移動で1万円の損失を負ってしまうことになるのです。

FX取引での損失は、為替レートの変動によって決まるため、原則的に無限大に大きくなっていく可能性があり、これにより投資家は一瞬で数百万、数千万円単位の莫大な借金を負う事があります。
これを防ぐために、取引業者では証拠金と顧客が保持している通貨の含み損を比べ、一定の損失が認められた場合には、それが証拠金内の損失で収まるようにするために、保持している通貨に対して強制的に決済注文を入れ、損失を確定させて解消させることがあります。

これをロスカットと呼んでいるのですが、大きなレバレッジを使っていると含み損も大きくなるために、小さな為替レートの変動でもロスカットに遭う場合があるので、自分の含み損と、ロスカットが発生するラインを見極めて、自ら損切りを行うようにコントロールをしていかなくてはならないのです。