FXの利益と必要経費について


sdsdf8f67 FXによって得た利益には、当然税金がかかります。そして必要経費も認められます。このFXの課税システムについて、見てみましょう。FXで得た利益は、税金の区分けとしては雑所得となります。そしてFXの利益から必要経費を引いたものが、課税の対象になります。少し具体的に考えてみましょう。例えば、FXで得た利益が100万円あったとします。しかしその利益を生み出すための必要経費が200万円かかっていたとすると、所得はマイナス100円となるので、課税対象にはならないということです。個人で事業を行っている人は、重々承知でしょうが、必要経費は、とても大切なものなのです。

上記は極端な例ですが、FXでの利益を節税するには、必要経費をいかに上手に申告するかで、実際に支払う税額は大きく変わります。

何が必要経費として認められるのか?

何が必要経費として認められるのかは、それぞれの状況によって違うので、一概にこれは確実に認められるというのは言うことができません。しかし可能性があるものとしては、パソコンの購入費、セミナーの経費、交通費、新聞代や書籍代、プロバイダ費用、筆記用具、取引手数料などが考えられます。

そしてこれらの費用を必要経費として認めてもらうポイントの1つは、申告の際に必要な領収書や書類をしっかりとまとめておくことです。それぞれに対して「なぜこれらがFXの取引に必要だったのか」をはっきりと説明できるようにしておきましょう。

税務署の担当者も忙しいので、すべてについて細かく調べることは稀です。つまり聞かれたことに対して明確な説明ができて、提出書類がしっかりとまとめられていれば、それで他の分も大丈夫だろうという判断につながるのです。

多少面倒なところもありますが、するとしないでは、実際に手元に残る金額がまったく違ってくることを忘れてはいけません。

また結果として経費として認められなかったものを提出したからといって、ペナルティを受けることはありません。確定した金額の税金を支払うだけです。そう考えれば、申告の内容について、あまり個人で細かいことまで悩む必要はありません。書類をしっかりと準備しておくことだけは、忘れないようにしましょう。以前、サポートの質を確かめることも兼ねて、税金のことについてFX業者数カ所に問い合わせてみた事があります。その際一番好感を持てたのが、XEMarketsのブログとiForexのブログでした。ご参考までに。