外貨預金をするなら何と言ってもFXが便利


s3df67 fxについて:「外貨預金」とは文字通り、日本円以外の海外の通貨で預金をすることです。

たとえばドルであっても、ユーロであっても、日本円とではその金利に差が出てきます。現在日本は大変な低金利ですので、ほとんどの外貨で預金をした方が利息も日本円より大きくなるでしょう。つまり何もせずとも、ただ外貨で預金しておくだけで利益が得られるというわけです。そういった意味で、今は外貨預金をするには絶好機ということがいえるのではないでしょうか。豪ドルを保有しているかたで、しかも短期取引を探している方には、オーストラリアハイローが最適ではないでしょうか

ただし、デメリットがないわけではありません。その点を事前によく知っておいて、有利に外貨預金を活用していきましょう。まずは、外貨預金で最もリスクになるといえば為替変動です。

たとえば、1ドル=100円で1000ドルを預けたとしましょう。10万円ならば、1000ドルに交換するということです。その後、為替の変動で1ドル=99円になったとします。このときドルを円に戻すと、1000ドルが9万9000円になってしまいます。つまり1000円の損失が出るわけですね。これは当然逆もいえて、1ドル101円のタイミングで交換すれば1000円の利益が出るわけです。

参照: 「オプション24.net」

為替はこのように日々変動していきますので、よいタイミングをはかって交換しないと、せっかくの外貨預金が、かえって損をしてしまったということにもなりかねません。このようにつねに為替の変動に注意して、タイミングよく交換のチャンスを見計らっていかなければならないというのが、最大のリスクといえるでしょう。

では、次にメリットを見ていきましょう。現在、日本円で定期預金をしているとしましょう。この場合、せいぜい高くても年利は0.3%程度しかありません。しかしこれが安定していながらも高金利で人気の「豪ドル」で預金していた場合はどうでしょう。年利はほぼ3%前後になりますので、なんと10倍もの利息を得られることになります。つまり日本円で10万円を1年定期預金したとしても、たったの300円しか得られなかったはずの利息が、豪ドルで預けておいただけで、3000円にもなるということなのです。もちろん預金の額が10倍、100倍になっていけば、その利息も100倍、1000倍となっていくわけです。

さて、このように利用次第ではとてもよい話のように思える外貨預金ですが、もうひとつ気を付けなければいけない点があります。それは、日本円と外貨を交換するさいには手数料が生じてしまうということです。多くの人は、この交換を銀行で行うわけですが、そうすると手数料が高い上に利息自も低く設定され、せっかく外貨預金にしたメリットのほとんどが失われることになってしまうのです。そこで活用したいのが、FX会社です。

FXは基本的に外貨取引なので、普段からかかる手数料も銀行とは比べ物にならないほど安く済みます。場合によっては100倍もの差さえ出ることもあります。また、FX会社では投資家の資産と業者の資産が分割して保全されているので、銀行とは違い、仮に倒産したとしても全額が補償されるのです。このようにFXをうまく利用して外貨預金を行えばう、調整次第ではとても簡単に利益を得られるようになるわけです。このように、FXのメリットデメリットを理解しておくことは、FX取引をする上で重要なことなのです。FX攻略のブログなども参考にして、知識を深めましょう。