なぜ初心者が1万円からFXを始められるのか


sd3f67 FXは投資として、非常に参加する敷居の低いものになっています。それは、FXが証拠金という投資者の資金に対して、25倍まで資金を貸し付ける形で通貨を購入できること。購入できる通貨単位があ1000通貨などといった安い単価での取引が可能なFX業者の存在があるからです。

仮に1ドル100円とした時に、一万円口座に入金していたとします。FX業者からは入金している25倍までの資金を借りる(レバレッジを掛ける)形で、250,000円までの通貨を購入できることになります、さらに1000通過単位での取引が可能なFX業者だと、100×1000で100,000円からの取引が可能になることから、1万円もしくは5000円といった少額からでも、取引が可能になるというわけです。

次にFX初心者のおすすめの考え方について、簡単な説明を行って行きます。唐突ですが、皆さんはロールプレイングゲームというジャンルのゲームを行ったことがありますでしょうか?町から町へ移動し、敵を倒し、物語を進めていくアレです。なぜここでロールプレイングゲームの話なのかといいますと、ゲームの進め方の考え方に、FX取引を行っていく上での重要な考えかたが含まれているからです。

fxの儲け方を考える時、、損切りというものがあります。これは、ある取り引きを行ったが損が出てしまい、このままプラスに転じることがないであろうという時に、その取引を損がでている状態で決済することです。これは、FXの取引を毎日行っていく連続した取引の中で、誤ってしまった部分をある意味リセットし、次の取引に備えるために行います。 これば、ロールプレイングゲームをセーブやリセットの考え方に、非常に近いかんがえなのです。FXの取引を数年続くものと考えた時には、損をしてしまったり、勝ちを見込めない取引をしてしまった時に、その取引をリセットしてしまう意味を込めて、損切りを行います。勝ち負け両方の可能性がある時には、セーブするという意味合いを持たせ、投資額の10%は上昇の可能性に備えて残しておき、残りの90%は損切りを行うといった行動を行います。

ロールプレイングゲームのように長期の視点を持ち、その上で行動を進めていくことが、FXでは大切になってきます、決して一度の戦闘に熱くらないよう、気をつけましょう。